りんのままに

広告とデザインと就活ともろもろ

就活生が見た学歴の意味と「自分的地雷企業」説明会参加のススメ

 

ごぶさたしております!!!!!!!!!

りんです。生きてます。

 

毎日1~3社の説明会や選考をこなしております最近です。

私の守備範囲はIT・広告。

就活解禁以前(2年の8月~2月)にインターン(もしくはインターンという名の会社説明会)に業界問わず参加して絞りました。

 

IT・広告業界と言ってもそれぞれかなり幅広く見ておりまして、大企業~ベンチャー、営業、企画、コンサル、制作、SE、様々です。

そんな就活の中で、「企業を見る視点」「学歴の意味」について考えさせられる機会があったのでそれについて綴ってみたいと思います。

 

f:id:rinrin219:20150319184354j:plain

 

 

■自分的地雷企業の説明会に行ってきた

 

自分的地雷企業…個人的に考え方が合わなそうな企業、ググったら評判が芳しくない企業

 

正直行ってよかったなあと思います。

 

 

■幸せになるためにお金がほしくて努力してきた、自分は自信がある、実績も持っていると言い切った社長

 

ニッチな業界向けのベンチャーのマーケティング会社、グループは現在5社。利益率は35%超え。”マーケティング力に絶大な自信を持つ”という社長自ら説明会で話をしてくれました。

新卒採用は今年からだそうです。社名は伏せますが、「治療院 マーケティング」でグループ会社が出てくるはずです。

 

社長はお金に恵まれない中新聞配達など努力を重ねて学校に通ったり、何度も転職を経験したりなど苦労を重ねてきたみたいです。

たぶんその体験が、

「”正当な”報酬をもらって生活を豊かにすること」

の重視につながっているのだろうと感じました。

 

 

■私の考え:マーケティングは商品とお客様をつなぐもの

 

この企業にとってマーケティングはお金を稼ぐ手段でした。

たしかにそういう側面はありますし、お金をもらわないとビジネスとしてやっていけません。

でも、そうして生きていけるのは商品とお客様、双方の尊重あってこそ、商品の価値があってこそだと思うんです。「治療院の繁盛には技術は必要ない」「DVDの原価はほぼゼロ円ですから」というのは私の考えとは違っていました。

 

 

■大切なのは自分の考え方と合うか、どう働きたいか考えること

 

私の考え方の大元は、人に喜んでもらうことがしたいということ。

それを実感させられた説明会でした。自己分析どうこう言っても、結局様々な部分から考えていかないと浅いものとなってしまいます。

社員の方に言われたことですが、

「結局、就活は企業と学生の化かし合いなんだよ」

ということ。誰だって自分をよくとらえてほしい。そのために、

そもそもいい印象を持っていないところに話を聞きに行くことに意味はあるのだろうと思います。

 

 

■でも、その会社を批判したいわけじゃない

 

その会社のやり方は間違っていると思いました。私は。

 

でも、こういう記事を書いたのはやり方を批判したいためではなく、

自分の見識を広めるきっかけとして、いろいろな企業に自由に行ける今のタイミングで「自分的地雷企業」も見ておくことの重要性を主張したかったのです。

 

そもそも、馬鹿にしにいくつもりで参加するのは普通に失礼です。お金と時間を割いて説明会を開催してくださってるんですから。そこは間違えちゃダメです。新しい視点と考え方を学び取りましょう。行くのもただじゃないし。(地方勢)

 

 

■そして、学歴の意味

 

私は家庭環境にどちらかと言えば恵まれている方です。お金に関しては不自由なくさせてもらっているので、本当に両親には感謝しています。

それは置いておいて。

 

環境は考え方に大きな影響を与えると思います。

その環境を判断するうえで、最も効率がいいのは学歴なんだろうと思いました。

 

それなりの大学で、それなりの仲間と、それなりに活動して考え方を作っていくこと。学歴はある程度の時間の過ごし方、生活のしかたを想像させるものであるのだと思います。

(頭の)いい大学でひどい生活を送る人も、中にはいるでしょうが、それは後でふるい落とせばいいだけです。人間性は少し話せばわかります。しかも面接官はそれのプロであるべきです。

 

 

■企業においてコストの問題は避けては通れない

 

いい人を集めたい中で、ある程度の確実性を持って環境を判断できるのは学歴なのでしょう。

 

新卒採用にどこまでお金をかけていくかは、その企業の裁量次第。

ウエディング業界なんかではもはや広告の一部と化していて、会社説明会のスケールが違ったりします。とにかく夢のキラキラ感と最高のおもてなしをしてくれます(だって来るの女性ばっかりだし未来のお嫁さんの塊ですから)

 

選ぶためにお金をかけないためには、ESの時点である程度落としていくことが求められるのでしょう。

でも地方大学にだってすごい人材は眠ってるんだぞ!!ばかなやつめ!!!!

 

 

■就活を楽しんでやろう。

 

同士のみなさん、頑張りましょう。

私はいろんな会社に出入りできる最高の機会&いろんな人とおしゃべりできる最高の機会(&東京観光しまくりイエ―)と思っている感じです。

この環境はむしろ利用してやるぜ。

 

それではっ!