りんのままに

広告とデザインと就活ともろもろ

現役就活生の考える・企業選びでやるべき9のこと

 

りんです。まじ就活生ばりばりです。

企業を見るうえでやるべきこと、まとめてみました。更新するかも。メモです。

f:id:rinrin219:20150405235503j:plain

 

 

目次

1.業界を学ぶ

2.HP・パンフレットで情報収集

3.会社説明会に行く

4.社長さんの話を聞く

5.社員さん個人の話を聞く

6.会社内の様子を見る

7.転職サイトを見る

8.会社名を入れて検索する

9.面接を受ける

 

1.業界を学ぶ

いわずもがな。ネットを駆使すれば大まかな情報は集められます。

  • 現状・動向
  • 展望
  • 職種
  • 就業傾向
  • 社会への関わり方

その他もろもろ。

まずは大まかに頭に入れつつ、会社説明会に参加することで理解が深まります。

専門用語があったら調べておくべき。

私は初め全く絞れなかったので、業界問わず気になる企業の説明会・インターン(1日のものは会社説明会+α)などにとりあえず参加していました。

 

2.HP・パンフレットで情報収集

説明会参加にあたって、基本知識がないと頭がいっぱいいっぱいになってしまうので、重要な情報を取ってこれない可能性が高まります。

事前にきちんと見ておくべき。

 

最近は採用サイトが充実しているものが多いですが、あれは専門の広告屋さんが作っていたりするのでかなり印象が良くなっている、っていうことも頭に入れておくべきだと思います。職種紹介とかわかりやすくていいけど。

元の会社のホームページも見ておくとよさそうです。

パンフは説明会に行くともらえるので、すこし早めに行って読みながら始まるのを待つ。

 

3.会社説明会に行く

これめっちゃ重要だと思う。

  • 会社を知ること(雰囲気・人)
  • 就活生を知ること(雰囲気・人)

要するに、周りの雰囲気を全部まとめて感じ取ってくることです。

個人的に、これから同期になるかもしれない人の感じは知っておきたい。

そして、大事なのはメモに残すこと。

説明会の内容も大事だけど雰囲気も大事。いっぱい行くと忘れるし、混ざる。

 

個人的に合説はわけわかんないし説明ざっくりだし疲れるから嫌いです。

 

4.社長さんの話を聞く

これはたぶん限られてくるんだろうと思うけど、小さい会社だと説明会で出てきてくれたりします。

社長じゃなくても、上の方の人の考え方とか雰囲気は全体に影響してくるものだと思ってます。

それに、最終決定権を持つ人の意見ってつまりは会社の方針であり、就職してからの価値基準になります。絶対に知っておくべきだと思う。

 

5.社員さん個人の話を聞く

OB訪問とかですかね(私は行ってないんだけど行った方がいいのかな...)

座談会とか言って説明会で話ができるパターンもあります。

私は入社理由と入社後のギャップ(いい面でも悪い面でも)について聞くようにしています。あとは社内での過ごし方とか。周りの人との共通点とか。

 

6.会社内の様子を見る

これもかなり限られてきます。本社で説明会するときとか。インターンとかだと入れたりしたり。

「なかよしですよー」「もくもくとやってますよー」くらいしか社内の雰囲気って言葉にしてもらえなかったりするんですよね。見たいです。

 

7.転職サイトを見る

私が見てるのはcarimo(転職会議)Vorkersかな。他にもあると思います。

サクラがいるかもしれないことは頭においておくべきですが、リアルな情報が見れます。

ベンチャーなんかはそもそも載ってない。

社会人の方曰く「ブラック企業は判断できる

 

8.会社名を入れて検索する

「会社名 評判」「会社名 2ch

主にマイナス面が見れます。サクラと書き込みの時期に注意。

少なくとも不満の出所がお客さんか社員かってことと世間的な見られ方とかがわかるっていう意味で必要だと思うけど鵜呑みに注意、かつ社員さんには絶対口にしちゃダメ

 

9.面接を受ける

てか選考だし受けなきゃ仕方ないんだけど...ww

上の人と実際にお話しできるってことは、こちらからも会社を知れる機会というわけです。説明会だと人あたりよかったり若い人だったりするから。

質問は用意していきたいところですね!

 

 

 そんな感じです。

 

あ、CoffeeMeeting始めました。

就活を通していろいろな人と話すことの重要性を感じた気がしたので。

でもあれFacebook連携だからあんまりほいほいリンク貼れないんだね。

 

それではっ!!