りんのままに

広告とデザインと就活ともろもろ

事故PRをやめよう:めざせ企業の逆面接!

 

お祈り2、一次選考通過2、選考中だいたい13くらい!

りんです!

オープンに行こうと思います。もし決まらなかったら誰か拾ってください。←

 

今回言いたいこと:会社説明会の質問タイムで自己アピールするのやめてください

f:id:rinrin219:20150407013347j:plain

 

会社説明会での「質問タイム」の目的

会社説明会で必ずある、質問タイム、座談会、先輩に質問コーナー。

あれの目的は4つ、

  • 単純に説明不足を補うこと
  • 具体的な社内の雰囲気をつかみやすくすること
  • 就活生の興味の範囲をはかること
  • 企業としての懐の深さをアピール(何でも聞いていいですよ~)

であると思っています。

 

 

■自己PRはほとんど事故PR

「自己PRのチャンス!」とかいうけれど。

そんな人並みな質問がアピールになってると思ってるんですか?

正直そこでの人材ゲットって

企業にとって人材宝くじに当たるようなもんです。

まあ、ほとんど事故です。

 

(少人数の場合は別だと思いますよ、念のため)

 

 

■というかお前のことなんて聞いてない

そして、自分アピールする質問ってだいたい意味不明で浅かったりするんですよね。

逆にマイナスな事故PRですって。

必要ない見えはってマイナス付けられてどうするんだって話。

 

 

■いいとこを見せたいのは企業も同じ

企業のことを主体的に知る機会ってあんまりないんですよね。

というか、採用情報って広告のフィルターがかけられています。

広告業界を志望していると、やっぱりそういうことってリアルに感じてしまったりして。

 

■どうせなら見切ってやろう

f:id:rinrin219:20150407225109j:plain

 私が提案したいのは

質問タイムでの企業の逆面接。

面接って

  • どういう人で
  • どういう考えを持って
  • どういう思いを持って
  • どんな経験をして
  • 何を学び取って
  • 何をしているのか
  • 何を大切にしているのか

ってことを知るための手段でしょ?

私たち就活生にだってできるはずだと思うの。

見くびってもらっちゃ困ります!!!!!!!!

 

f:id:rinrin219:20150305051038j:plain

 説明会有意義なものにしたい。

それではっ!!